So-net無料ブログ作成

ヒゲ。。。 [映画]


五山の送り火でもヒゲでしたね。
ヒゲも含めてとっても良い表情でしたとも。
お似合いです、認めますとも。ビジュアルGoodです。
けどそれ、実に効果的なカリコ除け。毛深くてエエのは猫限定ですから。
黒木瞳さんの着物姿の美しさに女優魂を感じた。
屋上でどんだけ風通し良さげでも、夏の京都で着物は過酷やでー。
「超高速!参勤交代」のメイキングで皆さんアイスパック首に巻いてた。
いつか黒木さんくらい魂のある素敵女子と、ご家族で送り火を眺めてくださいまし。
(あ、もちろん素敵男子がお相手でも祝福する[黒ハート]もし子持ちの既婚者さんがお相手やったら?男女逆転黄昏流星群や!)


8月31日に公式サイトhttps://littlezombies.jp/で24時間無料配信だそうで。

これは英断!と思った。
この作品、入口はブラウザサイズの方がよい感じがします。
草原のシーンは大画面が断然良いですが。
風邪こじらして書いてなかったですが鑑賞済み。
豪勢なお部屋のあんなとこでおっきな体を小さく丸めて足の爪を切るパパの姿が焼きついてます。
そーいや足の爪切る姿なんて、家族しか見れへんなーと。

あの子たちがゾンビ?

に見えるのは、若い証拠とちゃうかなあ。
自分の感性に忠実で嘘をつかない幼い子ほど表情硬いもんよね。
ホンマに集中してると緊張して無表情で高鳴るのは鼓動ばかりやったりする。
作り笑いが出来ない子ほど健やかで正直に、周りの思惑の外で生きてる気がするんは私だけ?
健やかやからこそ病む余力がある、とかも思ったり。
大なり小なりそういう時を必ず誰もが通ってる。
大人になっても、そんな風に目を奪われることってあるでしょう。

きっとヒカリくんも、ずっーと後になってから気付くんでしょうね。
最初とてつもなく冷たく響いたパパのセリフの背景に。
ゆうか、見終わってしばらく経ってから8ビットでない類似テーマの映画の宣伝を観てなんでヒカリなんか気付いた。FF通ってなかったし。
(追記:無料配信視聴して、あーそういやあのイチゴはワイルドストロベリーよな?といつぞや天空農園に植えてあったのを思い出し、帰って来られなかったけどあのバス旅行はパパとママのFF=ファイナル・ファンタジーやったのねと再認識しました。)

そうそう、こじらしてる合間に「居眠り磐音」も鑑賞しました。
面白かったし、お師匠さんも申し分なくカッコよろしかった[黒ハート]
のですが、一番目と心を奪われたのは芳根ちゃん演ずる花魁道中でした。
あ~れは文句なしにすごかった。鬼気迫るとはあのこと。
磐音と視線を交わす時だけやわらかく、美しさだけが濾過されて、
実はあの時初めてこの二人は真っ直ぐ見つめ合ったのではないかと思った。
そのくらい平和な頃の視線との演じ分けがお見事で、
命懸けの斬り合いよりヒリヒリしてた!(ゴメンよイケメンたち)

nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。