So-net無料ブログ作成

Dr.倫太郎、置き去り(笑)の最終話

せっかくその気になったのに!親の前(お墓)でプロポーズまでしてフラれるって!
中園センセ、魔女やな(笑)

んでも、あの決断こそが夢乃が回復した証拠よね。
依存する相手を取り替えただけでは良うならんやろし、
倫太郎が一人の男として人生を賭けてプロポーズしたけど~
夢乃はまだ「私が病人だからそばに居てくれるのね」って
依存心を払い切れてなかったんやろうと思う。
その生き方の苦しさも楽さも知り尽くしたであろうの彼女の返事は、男前でした。
エライぞ夢乃ー!いや、かっこええぞ明良!

画面上では破局で終了と見せかけて、実はプロポーズを断った瞬間から、
明良は医者と患者という関係を終わらせる段階に進んだと思う。
不自然な出会いで生じる倫理違反を結婚で強制的に解消するんでなく、
そんな出会いだからこそ、双方が長年のトラウマを克服出来たし、
ずっと一人の女として向き合って欲しかったからこそ、身を引いたのよねえ。
絶妙(結婚には最悪?)のタイミングでのプロポーズやったんや(笑)
「フラれたー!」ゆう笑い話で落着すれば倫太郎はすぐ社会復帰出来る。
病んだままの明良なら、倫太郎の立場なんぞお構いなしで結婚に飛びついたやろ。
あれは夢乃と統合した明良だからこそ捧げられる、最上の愛の告白ちゃうんかな。
別れる事であの二人には対等な愛が始まったのかも知れません。

んーまあ、倫太郎にはゆりこさんの方がお似合いかもですが(笑)。
いや、倫太郎にはもったいない?!
吉瀬さんはとてつもなく色っぽいのに誠実さとユーモアを併せ持つミューズ。

しかしイケさん、やってくれたわー。一撃で記者を黙らせたんに大爆笑。
高畑さんは明良に別れを告げられるシーンでやっと、やっと毒親の演技を
終わらせることが出来て、心底泣けはったんちゃうかな。
すごい子煩悩な人っぽいから、虐待シーンはお辛かったんではないかと。
ヒモが現金持ってるくせに涼しい顔で食い逃げするとこ、リアルでしたね。
小日向さんのチック症状はすごかった、あれ続けてたらホンマにチックに
なってしまいそうゆうか、なってはったん???
怒りの炎か…それ一本槍では燃え尽きるわな。
深也くんの演技もすごかった。7話の長丁場はこっちの心が折れそうやったけど、
「ふ  ら  れ  た」一撃必笑。
非日常使いであって欲しいこの言葉のチカラ、密かに気に入ってます。
どんなに真面目に思い詰めて泥沼の恋心とかに身を焦がしてる人でも、
この「ふられてもーたな」って言葉がハマルと憑き物が落ちる気がします。
「あー!もー仕方ないな」って観念して笑えません?

このドラマ、医者は癒す側患者は癒される側って世間の一方通行的な認識に
一石を投じましたね~。
患者は自分の個性や人間性を主張するけど、
その瞬間に医者の個性や人間性を認めてますか?
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0