So-net無料ブログ作成

未来創伝 [市川猿之助]

141225_1804.jpg141225_1915.jpg

神社へ去年のお守りをお返しに立ち寄ってから参加しました。
すごい大吉引いてしもたんで、嫌でも高まる期待!(笑)
大吉らしい.jpg
”望みどおりの未来が訪れることでしょう”なんてそこまで神さん言い切るか?

…あ[黒ハート]「未来創伝」に行くから?!

期待を上回る楽しい舞台でした[黒ハート]神様のいうとおり。

米團治さんの前説が、笑いをとりながらもしっかり演目とリンクしててというか、
始まってから「ああ、そういうことか!」と目が覚めるような鮮やかさでした。
「頭が八つの八俣の大蛇やったら、股は七つやないかーゆうのはさておき…」
ゆう前説やったんですけど、始まってみたら、大蛇を八人のダンサーが演じられてて、
頭が八つで股も八つ!すごい仕掛け!と驚き興奮。

舞踊狂言の尾上菊之丞さんはテレビではすごく大人に見えたのにフレッシュで
いつもかわいらしく見える茂山逸平さんは狂言になると声が違った。
ちゃんと磨かれた芸と可愛らしさが同居しててすごい不思議。
つか、狂言の定番の背景の松にクリスマスオーナメント!
けど見てるときの気分はすっかり三賀日。
そんでもって、舞踊も狂言もガチで競い合ってる勢いが心地よかった。

若村麻由美さんの語舞踊はほんまに素敵で泣けました。
美しくて、でもお声には威厳があって、舞にはキレがあって[ハートたち(複数ハート)]
何度も耳にして目にして、よく知ってる平家物語の「水の底にも都がある」という言葉に
不意に泣けてしまった。
生身の演者のチカラもあるけれど、観る側の自分にもそれだけ生身に年季が入ってきたということかも。
長く生きてからでないと分からない事ってある。
外傷の特効薬が日にち薬しかないように、何かを受け入れたり感じ取れるようになるのにも、
人それぞれに必要な手間と時間差があるのかも。

そして元亀ちゃん[黒ハート]
素踊りでの「黒塚」、惚れてまうでーーー[揺れるハート]
八俣の大蛇では早替わりも宙乗り(空中ブランコ?)もアリで頭にラメがいっぱい♪
八雲立つ出雲八重垣妻籠みに八重垣作るその八重垣を…日本初の和歌を背負って舞う
元亀ちゃん…大好き[黒ハート]
もー手ぬぐいこっちに投げて欲しかったわー。←クジ運のない人

なので、記念に若村さんデザイン京染めハンカチ買うて帰りました。
141226_0009.jpg写経状態?.jpg
抽選会では当選者にサインをしてプレゼントする、という趣向やったんですが、
「ハンカチだし、サイン要らない人いるかも…」とおっしゃって、
すごーい不思議やったんですが、現物に添えられた製作過程のお写真見てわかった。
地模様が全部若村さんのサインで、しかもひとつのサインをリピート・コピーしたんでなく、
書き取りか写経をするかのように全部ひとつひとつ手書きしはったんですね?!

…そらぁ…(死ぬほど書いたサインの上にサインすることになるけど)ええの?って言いはるはずや。[わーい(嬉しい顔)]

ええ歳納めになりました[るんるん]
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0