So-net無料ブログ作成

MとW

[曇り]が厚くて星見えへんがな。

「おやじの背中」の堀北真希ちゃん回、めっちゃ豪華やった~。
エンケンさんがもーかわいーてかわいーて[黒ハート]
奥さんが薬師丸ひろ子!

そういえば思い出したけど、兄さんは「Mの悲劇」に出演してはりましたが、
武井咲ちゃんは「Wの悲劇」演じてはりましたね。
咲ちゃんのWを薬師丸ひろ子主演映画観に行ったなーとなつかしく観てました。
あの映画でサティhttp://www.youtube.com/watch?v=8R87kUSSOwUを知って聴きまくった。
こんなにポップでおしゃれな曲がクラシック?って驚きでした。

明日は源ちゃん、肉断らんといたってやー屋敷のアニキはめっちゃさびしがりやし~。
他の誰とよりも冨田との掛け合いのひと時が幸せそうな屋敷。
関西弁で返されると、めっちゃうれしげ!

追記:じぶんちの明かりを見て「なんだか(家には)楽しい事がいっぱいあるなあ」と
思う事が愛じゃない?という薬師丸ひろ子のセリフに、今日仕入れたばかりの、
ヨーロッパの『すみか』への概念がシンクロしてたんでした。

住むということは明日の英気を養うことに他なりません。
人に見えないからこそ、もっとも自分らしく飾れる、自分らしく居られる
住空間を彩り、自分に英気を与え、よりよい生き方をめざす。

それを住文化と呼ぶのです。
そう、すみかは全てが生まれる場所なのです。

おうちが帰りたい場所、会いたい人に会えるやさしく出来る場所なら、家族狩りは起きない。
家族運営は文化的な営みであり、国家事業です。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0