So-net無料ブログ作成

ぴんとこな [市川猿之助]

もちろん、元亀ちゃん目当てで観た。
ケン@信長のシェフ主演。
しかし初回2時間越えって、攻めてるなあ~。

しかし「えっ?そこだけ?」ゆう贅沢なゲスト出演の仕方でしたね(笑)

ほんでも終盤一弥の舞台上での不安が、客席からの声掛けで散らされるのを観て、
わー歌舞伎って…ロックっぽいんやなーと認識した。
お客さんが反応してええ構造になってるって、音楽のライブに近い。

演劇って基本座席に座って、所々笑ったり泣いたりする事でしか観客は反応出来なくて、
終演後にやっと、まとめて拍手を演者に贈る。
音楽は踊ったり一緒に唄ったりはもちろんのこと、短い曲の区切りごとに大歓声を挙げて
アーティストに「ええぞー!」って伝えられるのよね。

歌舞伎の「いよっ○○屋!」は音楽ライブみたいに、芝居の途中で演者に贈れる。
感じた瞬間に伝えられる。
なんか…すごく良く出来てるんやなーと改めて思いました。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0