So-net無料ブログ作成

判官贔屓

例のごとく今週も寝落ちして覚醒したら、新番組をやってた。
そこでなつかしい、氷上の黒鳥に再会。

http://www.youtube.com/watch?v=ZRSMQlYdZTQ

スルヤ・ボナリー。
20年近く前に、4回転ジャンプを成功させたのに、
回転不足と判定されて、記録に残らなかったり、
けど飛べた喜びで思わずバンザイして飛び上がっちゃって転倒、
すんごい得点低々になってしもたり、
当時のジャッジの基準を彼女の稀有な才能が越え過ぎてしまってたがゆえの
酷評に終始した印象が残ってる。
終いには彼女の得意技である後方宙返りが公式競技では禁止されてもーたり。
「他の子には出来ひんから評価対象から外す」ゆうこと?って感じた。
スポーツも稀有な実力が評価されるところとちゃうんやなぁ。

でも、私ボナリー好きでした。
なんたって彼女はいつだってベストを尽くしてて、人に喜んでもらう事を優先したから(ジャッジへの抗議も含む)。
プレッシャーの中で彼女は、メダルより喜びを選んで、禁じ手を披露した。
観客の驚きと歓声にわくわくした。
そして、低すぎるジャッジに対して湧き上がる客席からのブーイングにも、真面目にわくわくした。
かっこええよ、ボナリー!

番組で、今でも彼女が現役のプロ・スケーターとして活躍中であり、
今でも後方宙返りを披露している姿が見られた。
39歳の現役プロ!しかも後方宙返り!!
うれしくて泣けた~。[もうやだ~(悲しい顔)]←今季のフィギアは一切見てない人

追記:引退の舞台となった長野オリンピックの動画も発見。
http://www.youtube.com/watch?v=5sIo6s9lUyc
http://www.youtube.com/watch?v=RHX_jSX5dvE

何言うてるんか全然わからんけど、世界中がボナリーのバックフリップに色んな意味で
テンション上がったことだけはよーくわかった。
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0