So-net無料ブログ作成

「こんばんは、父さん」の波紋 [舞台]

舞台とちゃうけど、「父さん」つながりで「ファミリーヒストリー」観賞。
http://www.nhk.or.jp/program/famihis/
もう…もう…本編始まる前から「ああ…ああ!…」と泣きが入った。

デビューしたての平幹二郎さんの声が、きっちり出来上がっててびっくり。
30代前半の貫禄とは思えなかった。
息子さんも「自分で言うのもなんだけど、俺かと思ったよ」と仰るほど、
学生服姿の若き平さんは平岳大さんと瓜二つ。

そして、平さんにとっての祖父と大叔父、岳大さんにとって曽祖父と曽祖伯叔父の
在りし日の写真が映る度、
「おっ(顔が)濃いっ!」「濃いなあ~」
喰い付くポイントも瓜二つ。親子やなあ~そうかぁ~。

若くしてあそこまで出来上がってた平さんなら、
秘めて置きたい過去に違いなかった。
あんな感動のエピソード、披露宴で披露したら怪優さんやのに号泣してまう。

もう、ええ人にしか見えへんもん。ミキちゃん!![わーい(嬉しい顔)]←ヤな奴

ええもん見して頂きました。[ぴかぴか(新しい)]
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 4

むーぽ

平さんの涙・・・温かかかったですね~(^v^)
30歳で名を知られるようになったんだぁ~ホぉ~知らんかった。
お母さんとミキちゃんで幹二郎という俳優を作っていた・・・・。
その言葉が重いものとして伝わってきました。
良い時間を親子で味わえてよかったですね~(^○^)
by むーぽ (2013-02-19 01:54) 

カリコ

ほんまに、温かかったですね~♪
30歳、兄さんと一緒ですね?
やっぱし、ええ女がええ男を育てるんやな~とか、
思ってしまいました(笑)
私達もええ時間のお相伴に預かれて、うふふでしたね。
by カリコ (2013-02-20 00:04) 

むーぽ

そうそう。同じ30歳、思いましたよぉ~(*^_^*)ええ女が理想ですが
ソクラテスの妻みたいなパターンも(笑)
お相伴・・・しみじみしましたね~
俳優は別の人生に精魂傾けてるうちに自分の人生は・・・なんだなぁ
因果な商売やなぁ~でも、本人は幸せなんやね~思いました。
キーワードは「無我夢中」ゆうことですやろか。息子も後追うほどに。
by むーぽ (2013-02-20 22:34) 

カリコ

ソクラテスの妻は悪妻で有名ですよね(笑)
何千年経っても悪妻悪妻言われ続けて大変やけど、
そのお陰でソクラテスの想像力が鍛えられたなら、素晴らしい反面教師?

そりゃあ全身全霊捧げて、色んな人生を「体験」してまうんですもんねぇ…>役者は因果な商売
生きてるだけでお金もらえるという(笑)

それでもやっぱし人の「変る瞬間」見してもらえるのは、ええもんですよね。
これこそ、永井愛さんの”見たかったもの”ですよね。
愛さん、大御所の怪優さんを変えてしまいはった!(^_-)-☆
by カリコ (2013-02-21 22:11) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0