So-net無料ブログ作成

quarant'otto [石好き]

いつも通り、LIFEなんですけど、
http://asahi.co.jp/life/backnum/121006.html
今回のカテゴリーは”佐々木蔵之介”でなく”石好き”です!
もーナレーションそっちのけで内容に引き込まれてしまった。

ジュエリーデザイナーの伏見さん、すごく柔らかい雰囲気のきれいなお姉さん。
ほのぼのうっとり眺めてしまいましたが、冷静に実務を見たら、
鋳型のシルバー原型を自らの手でゴリゴリ製作したはったり、
シルバーの板を糸鋸でカットワーク・チャームにしたり、展示用のジュエリーケースを自作したり、
恐ろしくパワフルで男前[ぴかぴか(新しい)]手入れが行き届いてるけどデコってない機能的な爪が乙女職人で素敵やった。

「1点物の石にこだわった品」というナレーション通り、
そういう石を指輪に仕立てはるとこが…も~石好きの気持ちを分かってはりますね~[揺れるハート]

使ってはる石のチョイスもなかなか憎いとこ突いてはります。
カラーチェンジとか、一般的に「これ、なんていう石ですか?」って聞かれそうな物が多いし、
あのアメトリンの色は人工的に着色してない天然石やとお見受けする。
新作のジュエリーポーチの素材も機能性も申し分なくよかった。

元はイラストレーターさんやったという伏見さん、
「絵は自分の内面が出過ぎてしんどい時があるんです」との言葉に、
ハイそれは、見る側にもしんどいもんですと思った。
ちらりと紹介された昔の作品から、滲み出る危うさにひやり。[たらーっ(汗)]
洗練されたジュエリーデザインとは全く印象が違う。

実は岡本太郎作品は彫刻が私にはええ塩梅で、
強烈な絵画には太郎さんの内面が出過ぎててしんどいです。
3D化という表現上の制約が、芸術性を安定させることもあろうかと思うのです。
物理という神の手が、表現者にも鑑賞者にも優しいカタチへと導いてくれると思うと、素敵ではありませんか。
まー太郎さんは熱烈にその制約をも超えてやろうと挑んでらしたクチと思われますが。[わーい(嬉しい顔)]

http://www.quarantotto.jp/index.html
やっぱり、オフィシャル・HPも素敵。
原石を磨いただけのグリーンアメジストの朝露リング欲し~[揺れるハート]
あんたに似合うん?しかもどこに着けてくん?と問われると激しく返答に困ってしまいますが、
いやもう、観賞専用のアートとして部屋に飾るだけでも幸せに…太陽の塔をリングホルダーにしてさ。←おい[手(グー)]
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 2

むーぽ

LIFE 自然食料理家、切り絵作家、かやぶき職人、フルーツケーキパティシエ
・・・と ここまで見れました!
特別好きではないのですが、あの、いちじく美味しそうでしたね~
地元果物への愛情と熱意・・・熱かったです
次回がウクレレだと あの沖縄が飛びます(汗)
沖縄がOKなら、このジュエリーもOKな順番のようです(@_@;)
カリコさんおすすめのこの2本・・・お願いプリーズ\(゜ロ\)(/ロ゜)/

by むーぽ (2012-10-07 20:58) 

カリコ

あー東さんのいちじく、プリップリでしたね!
実はいちじくを生で味わった事がほとんどない私なんですが。
いちじく・びわ・柿など庭木にあるものは観賞用で
「食べるもんやない」と親に言われて、それを信じてました。
ほんまに、つい最近柿は食べるようになりました。
兄さんのお肌見てると「食べた方がええねんやろな」て気に(笑)

えーそういう法則性があるですか?>スカイ・A
福太郎さんは放送せなあかんわー!ウクレレも良かったですけど、
やっぱ福太郎さんやわ~。

by カリコ (2012-10-08 00:38) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0