So-net無料ブログ作成

「正しくありたい」という心 [TARO]

後ろに「心」と付けると、なんとやさしくあたたかく響くことか。

最近やっと、「正しくありたい」という強い思いは「強欲」なのだとお勉強しました。

「正しくありたい」という欲が強い者は始末が悪い。
それに振り回されて、他人が許せなくなる。

なんと冷たい仕打ちを繰り返して来たことか。いや、もちろん「やったらなあかんわ!」って

悔いのカケラも感ずる必要のないケースも売るほどあるけど(笑)

あの日は反省いっぱいで太陽の塔を見上げた。

それまで、私にとっての塔は「どんな状況下にあっても、敢えてノーといえることを貫く、

一人で闘い、生きる者を守護する神像」でしかなかった。

今は「常識を外れたどんな状況下にあっても、敢えてイエスと挑んでいく者を応援する塔」

でもあることを知っている。

本当に芸術は呪術ですね。完成された後も命を持って変貌し得るなんて。

太郎さんにゃ敵いませんわ。

 

イチバンぴったりくる太陽の塔の解説 http://homepage1.nifty.com/okonomigaki/200006/top1.html


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0