So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

よしのちゃんや [映画]

今頃、深川麻衣ちゃんが「まんぷく」のよしのちゃん役の女優さんやったことに気付いた!
髪形違うけど、知ってる知ってる。誰やっけ?えーとーと今日まで検索を我慢してたのだ。
つい、こないだまでほぼ毎朝顔見てたのに~。
まんぷく家族やから関西に帰ってきてくれたはんのにな?薄情なおばちゃんでごめん!
いぶきは歴代の朝ドラ出演者大集合作でもある[黒ハート]「べっぴんさん」のきみちゃんもおったしな。

ああ、体が軽い。
なんで鑑賞後の体調が気になるのか。
それは子供の頃、散々親に戦争映画を観に連れ出されて、いっつも泣き疲れてボロボロになって帰っていたからだった。
マジ当時は嫌で嫌で仕方なくて、虐待か?と思ってた。
お陰様で今はしっかりくっきり「戦争は絶対嫌や!」って意志が人一倍根を張ってるので、もしかしたらそれが親たちの狙いやったんかなあ。


続きを読む


nice!(25)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「空母いぶき」先行上映会 [映画]

まさか行けると思ってなかった!
ありがとう、リセールシステム[黒ハート]
今をときめく西島秀俊を直に観る機会なんて、ありゃしませんぜダンナ!

鑑賞直後からずっと消えない感覚があります。

胃の裏側あたりの背中の深いところが温かい。

これは私の頭ではなく体が先に理解した”大事なこと”に違いなく、
言語化されないままでは、日々の雑事に紛れて捕まえ損ねてしまう
この感覚の源を、この二日間分析し続けてしまった。
(文章化すると面倒臭い作業っぽいけど、こういう心の課題があると逆に仕事がはかどったりするのよね。)

結局のところ、それはあえて取り出して確かめなくても良いような、ほのぼのとした、戦争のない現状の再認識やったんですけども、こんなにも平和な環境に包まれて自分は生きているのだと自覚することはやっぱり大事で、その幸せを味わえた。
願わくばこの感覚がとこしえに、続きますように。
戦争がない、ということがどれだけ幸せなことかを、戦争を体験せずに私たちは知るべきなのだ。
自分の体験していないことを理解するチカラの獲得こそが人類の進化の新たな段階であり、それが当たり前になる時代に我々は歩を進めている。


あーこれって、観直したらめっちゃ泣けるヤツやわ。
観てる時よりも、時間を置いてセリフを思い返した時の方がぐっときてしまう。
(今涙ぐんでます)
リアルタイムでは、こんなにも感情揺さぶられなかったはずやのになあ。
良い映画です。

もー出演者の皆さんほんまカッコええしねー!軍備のCGも美しく、回想シーンでは佐々木の兄さん完璧な20年前のお顔に(笑)西島さんはもうちょっと線の細いアイドル系やったな。
高嶋の兄ちゃんとか、やっぱこーゆー男臭いお役がどハマり[黒ハート]
護衛艦の雁介さんはもとより、隣の源ちゃんの「ていっ!」はマネしたくなる心地よさやった。

何故空母の艦長が空自のパイロットから選出される慣例があるのか、秋津を観てたらすんごく腑に落ちました。
孤独な戦いを制する者は団体戦も制する。
正味1対100とかの激戦を生き延びる訓練ばっかし重ねてはるんやもんな。

続きを読む


nice!(21)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

あっちゅうまに [佐々木蔵之介]

連休も明日で終わり。
まーとにかく、イベント終了後半戦は洗濯しまくった。
あ、洗濯機無事に直ったし!

洗剤と柔軟剤まみれになった状態で故障が発覚した時の、あの絶望感たるや。
それを手絞りで持てる重さまで乾燥させて、コインランドリーにいける状態にしたゴワゴワ・ボサボサの洗濯物もたいがいショックやった。
百数十年ほど前の洗濯機のない時代の大変さに想いをはせたよ。
それがふんわり洗い上がった時、ほんまに洗濯機は神器と思った。
このほやほやの感謝を忘れまいぞ。

そんな頃、佐々木の兄さんはハワイのらぐじゅありーな大人旅で少年のようにはしゃいではったのね。えーなー南の島!
oto.jpg
ハワイ=スター☆[ぴかぴか(新しい)]ってカンジやけど、
向井さんの「男の子になってる」、さすが男の子のお母さん[黒ハート]

続きを読む


nice!(27)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

只今断水中 [佐々木蔵之介]

もーその前にお風呂!ごはん!とドタバタ。
更にこのタイミングで洗濯機も壊れて、コインランドリーにも走った。
これって水難?

気付いたら平成も残りわずか。
ひよっこ2とか楽しむだけ楽しんでおいて、なーんも書いてない。

ので、せめて「浜村淳青春物語」は書いとこう。
前編は非常時用のラジオを引っ張り出して聴いたのだけれど、
断然ラジコのが音も良くて合わせるのが楽やった。


続きを読む


nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

春の嵐が

びょーびょーゆーてます。
雨が上がったらリゲッタの履き初め。
近所でも見かけるようになったので、さんざ試し履きしてから満を持して購入。
体の歪みを矯正してくれるって噂、ほんま?
これから歩くのが楽しみ。

にしても、4K番組ですらBS放送してくれたとゆーのに、なんで塔馬教授3を放送せーへんのや?関テレ。
てっきりネット配信されるとばかり思ってたのになー。

nice!(22)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

こんなさぶい夜には [映画]

あぁ...おうどん食べたい。
きっと虚弱な私の胃腸を優しく温めてくれるに違いない。[いい気分(温泉)]

ようやくこみ上げてくるものが鎮まったので書くけど、
この数日間ずっと曲が心の中で鳴りっぱなしやった。

お友達に誘われて行ったらすんごい良かった。

舞台以上にLiveはどんなに好きなアーティストのものでも「生に限る」と、
感情移入し難い質なのだが、これは!違った。
リアルタイムで体験した人にはもっともっと伝わるものがあったのでは?と
思わずに居られんかったです。
成人したばかりの娘さんと一緒に来た、って感じのご一家とかいらして、
あー同じものを世代を超えて楽しめるってやっぱええなーと。

続きを読む


nice!(17)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

いよいよかー [佐々木蔵之介]

http://amass.jp/116608/

お誕生祝いのように、情報解禁♪
おめでとうおめでとう[かわいい]51といえばイ・チ・ロー[野球]

あらすじ読んでて、なぜアレの話題が出ないのか?
1970年、行くなら大阪やろ。
nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

寒中見舞い

お正月年賀状が来なかった知り合いから、寒中見舞いが届いた。

差し出し人は奥様で、なんとご本人は昨年急逝されたという内容。
12月に喪中の挨拶は何通か受け取っていたけれど、
賀状のみとはいえ直にやりとりしてた方の訃報はこれが初めてで、
自分もそういう年になったのかと驚きつつ、
奥様は恐らく新年に届いた誰が誰やら分からない相当な数の賀状に、
松が取れてお正月気分が抜けた頃に返事を下さったんやろなあと感じ入った。
情に厚く顔の広い人望のある方やった。大杉蓮さんみたいな。
東京に転勤されてからも毎年「○○マラソン完走しました」って賀状を下さって、
実に清々しい方でしたから、マラソン会場でも知り合い増やしまくったはったやろなー。

続きを読む


nice!(21)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ルネッサンス

ヤマザキマリからのブラタモリ・ローマ編♪
あーそうよな、やっぱそうよなーと色々勝手に腑に落ちた。

日本に辿り着いた渡来人はローマ人やったんやな。
ヤマザキ先生の「ローマ人は風呂好き」にぴーんときた。
水に執着のあったローマ人は真水を求めてあちこち掘って、
温泉見つけた時、自らに起きた発想の転換に大感激したことと思う。
「これ飲料水にはイマイチやけど風呂にはサイコーやー![ぴかぴか(新しい)]
先住民の縄文人の一部が天然温泉使ってて、意気投合したんやったりして。

続きを読む


nice!(19)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

古式ゆかしく [佐々木蔵之介]

アップし忘れてた。


あけましておめでたいのに、寝正月を満喫しましたよ今年も。
年末からの冷えに連敗中でPCをあけもせず、早4日となりまして、
ようやく疲れが抜けた感があります。

新春のあさイチで漢方のところを見てて、ずっとこの眠気はモチのせいとばかり
思ってたのが、胃腸虚弱と判明。
大建中湯も六君子湯も飲んだことないなー。
そういえば年末、佐々木の兄さんがお出ましの際いつからスィーツ男子に?
と思っていたら、正月時代劇「家康、江戸を建てる」の藤五郎役が菓子司(パティシエ)。

撮影開始したのは昨年の1月やったか。リチャード三世直後らしい足運びを懐かしく鑑賞。
涼子ちゃん久々の親子役♪「ひよっこ2」楽しみにしてるで?
野心ギラギラの後編(庄三郎)より、前編(藤五郎)は愚直で一本気、年明けに相応しい
無欲の清々しさでした。
マギーさんのフォローがすんごく利いてたけど、なんとなくあの時代に藤五郎自身
疫病の防止策になるとまでは考えてなかった気がする。
自分が口にした漁村の不味い水の味が折々に「あんな水では困る!」と奮い立たせてくれた、とは思うけど。
だから娘に反論できひんかったんちゃうかなあ。
清らかなものには、助っ人が必要。
しかし生瀬さんの役より年配の役やったんや?!

とはいえ、野心の塊りの庄三郎が汚い奴かといえば、野心を上回る志の持ち主で、
謀を駆使しながらも守りたい物も愚直なまでに守って見せたところが実に清々しかった。
まー許婚には逃げられてもーたけど、嫁取りに関しては仕事ほど執着がなかったというか甘く見てた→結局必要な相手ではなかったというだけで、お嬢さんの好意が偽りではなかったという点が悪くない悲恋という好印象を添えていた。

やっぱお正月に時代物観るのんは日本の風物詩よねえ。

続きを読む


nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -