So-net無料ブログ作成

しゅ [佐々木蔵之介]

宗男さんが帰ってしまって、なんかめっちゃ寂しい空気になったところに
同窓会、そして恋!坂道で背中押されたかのよーな怒涛の展開が愛子さんにも?
いや、愛子さんは平地で腰抜かしてたか。

いやー大変なことになってしまったのね!
即日就職決めてみね子のように、すずふり亭のメニュー制覇開始ってすごい。
「恋してることが大事なので。結果じゃなくて」ふんわり、すごいこと言う。
結果を心配されてるみね子の恋とは鈴子さんの扱いが全然違うけど、大事なトコは同じ。

しかし向島電気時代の外ハネくるんな髪型でなくなったのは、ちょびっと寂しいけど
落ち着いたショートボブはGOOD♪

続きを読む


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大阪でも? [佐々木蔵之介]

https://www.richard3-stage.com/

ずっと今回は東京公演のみか~と思い込んでました(苦)
このビジュアル、布袋さんに見えてしゃーないんですが(笑)

しかしイギリス文学を読んでると、日本に近しいというか、京都に似てると思う。
面倒くさいところが特に(!)。

その面倒くささを取っ払って成功したのがビートルズかも。
名曲や名盤だらけのバンドですが、音楽を奏れるのが楽しくて仕方ない勢いが
詰まった初来日頃の作品がやっぱし好きです。解りやすい!
これまた、メンバーのテクニックも未熟やからこそ、小難しいフレーズとかのない、
コピーしやすいメロディが世界に大歓迎されて伝説的ヒットを招いたと思う。
「笑って生きていく」と決めた宗男さんが夢中になるはずやわ~。

続きを読む


nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

天の敵 [舞台]

医者の処方ミスで思いのほか長患い。
まだ咳が抜けへんけど、そんな中でも実は行ってました、大阪公演。

の前に、「バンパくん」初めて見たーーーーーーーっ!
もー五十にゃん次といい、ニクイとこ突いてくるわ館長~。

おっと、失礼しました。

http://www.geigeki.jp/performance/theater145/

風邪っぴきMAXやったけど、面白かったので見てる時は
スーッとしんどさが抜けてました。
風邪っぴきでもあの、強烈なバルサミコ酢の香りは魅惑的に五感を刺激しまくってくれましたよ、ええ。
隣の方のお腹が鳴り始めて、めっちゃ同情した。
大半が仕事終わり直後の入場者やったはずやしね~。


続きを読む


nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いざ、ショウブ! [映画]

http://www.hanaikusa.jp/

IMG_20170508_173131.jpg
5月にはラッピングが始まって、公開前に等身大パネルも展示され、
ここぞとばかりにお写真撮って参りましたとも。

ついに、観てきました。
ほんに美しい映画でした。
なんとまあ専好さんの表情豊かなこと!
その表情通りの斬新な立花。除真立花に風を当ててゆらゆらしてるとこ眺めたい。
秀吉に献上された大砂物の全景には、劇場の各所から感歎のため息が。
現物を見たかったなあ。
けど武家の方々しか見られへん献上品やもんな。
んでもって、きっとスクリーン映像は原寸に近い。
これだけの大作は、もはや建築。
映画のためだけに作って惜しげもなくバラされた一期一会の芸術作品。
決して二度と触れるどころか観る事も叶わない最上の贅沢や…。

けど、実はこういうアナログな贅沢だけでなく、ええっ、そこにそんな手間を?!
と知れば驚きの最新技術がこそっと駆使されてまして、日本の技術の粋も惜しげもなく
投入されている作品です。
これは観ただけでは解らない。その場に居た者でなければ。
実は昨年こそっとエキストラ参加したので、元の景色を見覚えてますねん。
なので完成品を観たとき、耳に残る萬斎さんの最後のセリフが蘇って、
あのシーンがこうなったん?![がく~(落胆した顔)]と驚けました。贅沢~♪
そういえば、特撮は東映のお家芸でしたっけね?

そして、まさかあんな大どんでん返し[ぴかぴか(新しい)]が用意されてるとは、
まったく思っていませんでした。
森下先生の脚本はほんまに面白い!

続きを読む


nice!(15)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

美しい星 [映画]

http://gaga.ne.jp/hoshi/

めっちゃ面白かった!大満足[黒ハート]

私に子供は居てへんけども、子供の頃から「そういうことはちゃんとしなきゃ」
ってのが根強くありまして、めっちゃお母さんに共感した。
占い?とかねー。

子供の頃にこの作品見たらきっと、リリーさんの火星人のポーズに脅えまくって、
「こんなお父さんイヤやあーーー!」って最後まで観てられへんだと思う(笑)。
ええ、そんくらいすごかったです、リリーさん。

音楽もすごく良かった。一雄が車を追うシーンなんかに使われてた民族的な
サウンドとかワイルドで、竹宮の歌にも、うわー。作曲者の設定も上手くて、
だから騙されたんやなーと納得した。
亀梨くん、ええ仕事してたわ~。今「運命の人」でも下手したら危ない人な
お役を素敵に演じて見せてはります[黒ハート]が、
お父さんとしてのビジュアルは、このドラマで共演されてる杉本哲太さんのが
亀梨くんに近いというか、杉本さんのお若い頃に亀梨くんの顔立ちは似てる、と
昔から思ってる。誰にも言ってないけど。
けど、リリーさんやからこそ笑える映画に仕上がってる!

鷹森議員にはテンション上がりました、うふふ。
その鷹森議員にきっと瞬きひとつせず、あんなことをしくさったこの人…
トモダチ.jpg
被りもんとった”あの人”やんなっ!どうみても(笑)

続きを読む


nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ご安全に

関電ガスのCMが新しくなった。
数週LIFEお休みやったんは、このCM撮影のため?
シェイクスピア→イギリス旅行かと思てた。
関電でも挨拶は「ご安全に」なん?工場とか「安全第一」って看板が掲げられてるイメージ。

向島電気倒産を書けずに止まったみね子の手紙がせつなかった今日。
そして、くっきり認識した。
”そ”が旧カナ世代や。
IMG_20170529_190102.jpg
nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

別品さん [舞台]

http://www.parco-play.com/web/play/sotobakomachi/

再演は上等である証。別品というべき?
私が15年前に初めて美輪さんの舞台を拝見したの、この演目でした。

自分も15年の時を重ねて、同じ作品の解釈が昔と変わった時、
それが深く、美しく変わったことがとても嬉しかった。

それは自分の変化だけではなく、美輪さんが恐らく初演と同等の情熱を持ったまま、
そう届くように演出をよりやさしさに満ちたものにブラッシュアップしはった結果であり、
そんな再演を観さしてもらえるゆうことは、とても幸せで、そんだけでも、
初見から15年生きてきた甲斐があった。←言い切った!


続きを読む


nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

五月花形歌舞伎 [舞台]

ごと・・・いや、コットンの日?私はインド綿のシーツにハマった経験なら。
ぺらっぺらやねんけど、たまらん肌触り。

その関係のエンタメニュースは録りはぐれたので、置き去りにして松竹座へ。
うふふ正味の”贅沢”、夜の部へ。

続きを読む


nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

すんごいタイムリーに

IMG_20170430_213835.jpg

ゆべしをいただきました。
初ゆべし。
そのお味は。。。。

続きを読む


nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

3月のライオンー後編ー [映画]

March goes out like a lamb. ににやり。
入場者プレゼント、ゲットしたで♪

諺の通り、温かい涙あふれまくりの後編でした。

既存の原作と融合した前編からの、いわゆるアナザーエンディング(原作連載中なので)
とも言うべきオリジナル後編、素晴らしかった!
前編のひなちゃんの涙のきっかけとかに、原作では強調されなかった演出の巧みというか
映画の強みを感じてはいたけれど、シチュエーションが少し変わっただけで、
ぶっちゃけ漫画より”リアル”な映像では受け取られ方がこんなにも変わってしまう…のを痛感した。
桐山くんは同じこと言ってるのにな。
その、たった一手で、世界はまるで違う姿を現す、ですね。

続きを読む


nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感