So-net無料ブログ作成
検索選択

「BENT」感想 ホルストのこと [舞台]

ホルスト。有起哉さんって、ええ声してはんねんなぁと実感する初生観劇でした。
今回なるべく予備知識を入れないように、映画を探して見たりとかをしなくて、
謎の存在でした、ホルスト。

失礼ながら、北村有起哉と佐々木蔵之介が恋に落ちる、って、ねえ?
ちゃんと落ちたように見えるんか?と心配でしたが、落ちてましたね。

※余談ですが、ホルストとマックスが穴に落ちるところ、それぞれめっちゃ怖かったです。
マックスは高層ビルからストーンと落ちてく人みたいで、ヒヤッとした。

続きを読む


「BENT」感想 ルディのこと [舞台]

まるでダッハウの夏空.jpgすごい、演出の空そっくり。
ここは収容所の外、中、どっち?と、くらくらしてしまう。

ふと見たらおなかについてた無駄なお肉がなくなってますよ。たった数日で。
舞台観ただけで痩せたで、おい。
ええ、すごい全身に力入れて観劇しましたけどね。
てことはね、それを2ヶ月も演じてた方々はどないなことになってたんやろうと心配になる。
頭が下がります。すごいです。
お疲れ様でした、と心から。ありがとう、とは素直に言えないキツーイ内容でしたけど、
すごいものを見せていただいたことに感謝いたします。

なのにガコガコに痩せ細った様には見えんかった佐々木の兄さんは、
(有起哉さんはガコガコに痩せて見えたし、役柄上そうなる必要もあったよね)
筋肉を落とさないために、マジで石運びの後も腕立てやら睡眠時間を削ってやってはったんかもっ。
私には絶対無理。
それこそ、収容所に入れられたら即、衰弱死やがな。舞台観ただけで痩せるメンタルの弱さやし!
運動嫌いやし!眠いのイヤ、寒いのイヤ、痛いのイヤやー![もうやだ~(悲しい顔)]

続きを読む


BENTめ [舞台]

先行試写会も行ったんですが、
今はもう「BENT」の渦に翻弄されまくってて頭が働かない。
今朝見たら手や足のあちこちにアザが出来てて、何があったんや私?!
いつどこでどこにぶつけてん?ここまでの放心状態でどうやって帰宅したんやー[たらーっ(汗)]

我ながらすごい顔で観劇してたんではないかと思うほど、
聞きしに勝るすごい舞台で、かつてないほど集中して観てしまいました。
心が、肉体を飛び出してまうんちゃうかと思うほど全神経舞台に張り付いてしもた。
まさか口に出してなかったやろな?と心配になるほど、
キツイ場面では何度も同じ言葉が全身駆け巡り、喉までカラカラに痛い。
あ、手のアザはキツイ場面のたびにギューギューにハンカチを雑巾絞りしてたからや…

今はとにかく、あの伸びかけの坊主頭を思いっきり撫で回したいよーーーーっ。
かりんとう饅頭好きなだけ食べさせたげたい。(←チビ次郎の好物)
あのくらいの長さからサワサワのたまらん手触りになんのよねー子供なら。
大人のはどうなんでしょ?

続きを読む


メルシー!おもてなし [舞台]

行って参りました大千秋楽
いやほんま、メルシーボクー[黒ハート]
160630_1828.jpg160630-1618.jpg
このメルシーボクーの看板、作中ではボツになって劇中に出て来うへんねんけど
劇場という商店街入り口に設置されて送迎のおもてなしとして有効利用してはってんな。

中井貴一さん初生鑑賞。重厚な作品での頼りがいのある存在感はそのままに、
軽やかにコミカルにべらんめぇな薬屋を好演してはりました。
「サラメシ」のナレーション聴く度思ってたけど、やっぱし相当な面白好きなんでは。
自前モザイクの場面を勝村さんが音を上げるまで放置したんは、わざと?

YOUのヨメはんが「まみこぉぉー!」とか「上海!」とか口を挟んでダンナや周囲を
その気にさせていくんが絶妙でした。エエ腕スゴ腕。

続きを読む


イキウメ公演―太陽― [舞台]

大阪初日に観劇。

またも残酷で優しい物語に「前川さんってコワーイ」(笑)

続きを読む


12年に一度の申祭り―男たちの棲家―その2 [舞台]

最初、場内に流れる名台詞の数々は過去の名作の録音を抜粋して流されているのかと思った。
威厳あふるる女優さんの声とかは特に。
でも、終演後パンフレットを見ておもだか屋の女形さんがお勤めになったのだと知った。
本当に、歴史ある八千代座の舞台はその声が沁み込んで居そう。

けど、その声が聞こえるのは、役者(としての素養を持った者)だと幽霊たちは言った。
「男たちの棲家」の続き、参ります。

続きを読む


12年に一度の申祭り―男たちの棲家―その1 [舞台]

今日は八千代座・熊本公演の千秋楽。
書くでぇ~~~

私は京都公演観て来ました。
やっぱり何度も観たいなぁという思いを駆り立てられるお土産話をいただいて、
汗ばむほど笑って、心は熊本。

続きを読む


元禄港歌 [舞台]

160208_1651-001.jpg 160208_1651.jpg
雲ひとつない快晴の下、初ニナガワ。
重くて怖い舞台やったらどないしょーと、ずっと手を出してなかったニナガワ。
http://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/16_genroku/
評判通り、するっする泣かされる舞台でした。

幕が上がった瞬間、幻想が実体化した景色に鳥肌が立った。物理的にありえへん景色、のはず。
なんという美しさ。
本当にすごかった。うう、あれ、ひとつひとつにどんだけ手間がかかってんねやろ?[あせあせ(飛び散る汗)]
すごいわ大道具さん。見る価値あり過ぎです。

続きを読む


ダブリンの鐘つきカビ人間 [舞台]

151113_2141.jpg151113_2144.jpg151113_2145.jpg

本筋より脇の遊びに力が入りまくった楽しすぎる舞台!
ひょっとしたら主役の方が出場が少ないんでは?ってくらいなんですが、
主役がフルスイングで締めてくれるので、しっかり泣かされてまいました。
シスターと市長の掛け合いは素晴らしかった。

印象的なBGM、細野晴臣の「銀河鉄道の夜」思い出した。

もう一回見たいわ[黒ハート]

続きを読む