So-net無料ブログ作成
検索選択

3度目のリターンズ [映画]

sign.jpg

祝日と平日に行ったんですけど、祝日は間際に入って残席わずかなんはしゃーないわな~と
話してたんですが、平日・余裕見て早めに席取りしたとゆうのにやっぱり残席わずかやった。
ええ感じや。

ゆうか、さすが平日の昼間?
おじーちゃん同士おばあちゃんグループお誘いあわせていらしてるのね?
って普段お目にかからない客層の広さに驚いた3回目。

それぞれの年代・性別によって笑いのツボがくっきり違う(笑)
遠く離れたおばちゃんグループからひときわ大きな笑い声が上がってたんは
荒木ご夫妻のやりとりでした。旦那様っ!
3回目の同行者が一番ウケてたのは殿とお咲のやりとり[黒ハート]
話を聞いてもらえんまま終わった刺客よ哀れなり!

ええ映画や。

3回目見ても楽しめます♪

それにしても渡辺裕之さん演じる諸坂三太夫のかっこよかったこと!
パンフレットで「寺脇さんに引けを取らないような体を短期間で作った
などと語ってらっしゃいますが、見た目だけでなく、あの殺陣の動きの切れ味は
常々いつでもオファーに応じられるコンディションを保ってはるからこそと感じ入った。

荒木より格上の達人と、ひと目でど素人にも解る諸坂でした。
諸坂は周囲が納得する形で、荒木に負けて見せてくれた。
(もちろん荒木にも手傷を負わせずに事を終わらせられる腕があったればこそ。)
信祝の「斬れ!」という命令に「やってられるか!」と言わんばかりにびゅんっと太刀で空を斬り、
戦線離脱した赤備え武者の背中にも、これぞ時代劇とぐっときました。

決して皆さんがエエ体したはったからの好評価ではございませんことよ?念のため。
春画もどき.jpg

追記:そういえば、飛脚を追い越すこの場面、子供の頃遠足か何かで通った時に、
ここは馬走らせるシーンのロケに使われてるねんて、と教えてもらって驚いた場所、
やと思うんですけど、違ったらごめん。
子供の頃見たときは田んぼのあぜ道みたいな所で、
「え~こんなとこで~?わざわざ馬連れてきて走らせるん?なんちゅう手間隙や」と愕然やった。
ここ~.jpgあぜ道の左下は田畑やったと思う。
時代劇って結構角度を変えたりして上手いこと別の場所みたいに撮ってるよなあ。

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0