So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

散歩する侵略者 [映画]

http://sanpo-movie.jp/

見ました。
小説をSFとして楽しんで読んだ私は映画で、ものの見事に「ある視点」に
誘導されて驚いた。

散歩する侵略者【電子書籍】[ 前川知大 ]



織り込まれた視点は、今、世界で同時多発していること。

そして映画を見られるということ自体が「愛」であること、愛という概念を
獲得する助けになったらいいなという黒沢監督の優しさを感じられました。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「やだ!」

内容も聞かずに断るハズやわなーヤスハル。
あんなに大活躍したのに置き去り+飲み会始まってるとゆう。
更に、声ではちゃーんと出演してるのに、字幕が…(回想)!!

IMG_20170907_191551.jpg

ほんま舞台的。富さんの思い出話もそやったけど、このヤスハルの効果的過ぎる使い方♪[ぴかぴか(新しい)]

それにしても、ビートルズ以降ひと目惚れ告白やクイズやら、さおりさんとの対面とか
わーっとテンション上がる数々の山場の中でも昨日今日はピークやったかも。
みね子の頼もしさときたらもう♪
マトモな感覚の人間なら知り合いをあんなとこに置いとかれへん!

さすが舞台で「ジャンヌ・ダルク」演じただけのことあるわ、架純ちゃん。
大女優の世津子がどんどん可愛らしく見えてしまう。
(実際暗闇で聞こえた声は本当に可愛いいし、ヤギの真似は最優秀女優賞モノ。)

続きを読む


nice!(19)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

防災の日

関東大震災の起こった日でしたよね、確か。

昨日「セシルのもくろみ」を見ていて「モテたいためでなく、チヤホヤされたい為ではないファッション」というようなセリフにこのドラマの作り手の目指すものが込められてると思った。
私はそれ、息子の三者面談ですれ違ったハマユカの後姿にすごい感じた。
ああ、これは確かに素敵やわ、って。

もっとファッションのチカラをフル活用して、ビジュアルで説得する方に比重が掛かっていたら、
伝えたいことが感覚的に伝わるはずやのに。

防寒とかサイズとか実用性重視の傾向が強い私ですが、若かりし頃そういうファッションの
教科書には載っていないチカラについて教えてもらったことがございます。

続きを読む


nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

小野…

http://www.sonymusic.co.jp/artist/SoundTrackInt/page/naotora-tsurunouta

鶴のうたっ!!!!!

なんだろう、すごく泣けた(←早苗さん風に)33話。
ほんまに美しい一生やった。
好きな人だけに解ってもらえてたらそれでいい、って生き方を全う出来たら、
そりゃあ「死んでもいい」と思えることでしょう。

殿の分身のように身に着けていたあの碁石を、次は殿が指せ(刺せ)という
伝言に使えるのは、積み重ねた時間が強固な絆に育ったからこそで、うわ~。
その政次を受け止めた直虎がまた本当にすごかった。
涙ぐむなんて甘さを見せずに「裏切り者め!」と刺して見せたから、
政次の最後の笑顔はうれしそうで幸せそうやった。

昔の武士がちょっとした事で切腹してたのは「俺の首一つで済ませたい」
という願いを受け止めて構築されたシステムやったのでしょうか。

裏切り者の小野家ゆう呪いを政次が派手に全部引き受けて逝ったから、
弟玄蕃の子供とナツは伊井で生きやすくなったゆうことよね。[もうやだ~(悲しい顔)]
これほどの呪術発動されたら、遺された者は大変やで~~~[あせあせ(飛び散る汗)]

続きを読む


nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

野村万作萬斎狂言会第22回 [舞台]

初めての狂言会行って参りました。
演目の「川上」の台詞ではないけれど、気分はお礼参り。

でしたが、気付いたらあっちゅう間に終わってまして、
正直驚きでした。
いつのまに、狂言を楽しめるようになったんや私?

と、勘違いするところでしたが、人間国宝野村万作氏の「芸話」で、
若輩者の私にすらもやさしく伝わるように当代狂言師様方が解釈を深め
研鑽を重ねてマイナーチェンジを重ねて来てくださったからこその今、と実感した。
(野村家秘伝(笑)の風姿花伝のお話はすっごく!面白かったです)
そのように書かれたものではないし、自分が習った20代の時はそういう作品という認識はなかったけれど、時代が変わって自分の捕らえ方が変わったという万作さんの「川上」の解釈は異色の名作と呼ばれているにもかかわらず狂言そのものであり、とてもロマンチックで「元禄港歌」を思い起こさせた。

あのタイミングで差し挟まれたからこそ、「煎物」の解釈が深まりました。
そう、そうよね、一番えらくて賢いのは道化を務めた煎物売り。
その場が凍り付いても不思議ないのに、場を壊さずに笑いを取って去っていった。
商売とはそういうもん、やねんけど。
それに気付く人はどれほど居てくれたやろうか。

続きを読む


nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

運命の人? [佐々木蔵之介]

って来週のタイトルが気になる「ひよっこ」。
あの食い逃げアプレ娘がおごってくれるほどの非常事態を前に
昨日のプレミアム・トークは温か和やかでしたこと。
私もスター☆シェフと同じシーンを気に入っていて、
田舎のおばちゃんの得意技である「食べ物を持たせる」心遣いがお出来になるシェフは
さすが食のプロ~[ぴかぴか(新しい)]でした。

あれっ?なんか聞き覚えが…とは思ってたけどプロポーズのシーンが放送されて、
そっか![ひらめき]その口調TARO岡本やな?尾上くん。

ルーマニアってドラキュラの故郷くらいしか知識がなかったのですが、
アクティブに表現を追及する国やったんですね。
さすが世界中で現代も創作意欲を掻き立ててる吸血鬼を生んだ場所。
なるほどな。

続きを読む


nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

えーっ! [佐々木蔵之介]

と、声でてしもたわ、高ちゃん!リンゴの絵上手すぎ。
出会いから二人はリンゴが実る季節まで文通してたと見える。[揺れるハート]
あの出会いから音信不通のまま、いきなり数ヵ月後に「お嫁においで」なんて
爆弾入りのリンゴ箱が届いたら、いくらなんでも退くやろし。

対してシェフ様(笑)はその気になってきたのにフラれてるし!
(あ、ごめん。”まだ”言うてたな?愛子さん。”まだ”なだけやんな)
けど高ちゃんの「わかるわーー!」に心でハモってしまった。
シェフの失言にがっかりしてきたんやろしなぁ~。(自分より若い美人は不採用なんて元冶さんならともかくシェフは言うたらアカンがな。高ちゃんに恨まれて当然。結婚の返事といい見極め力高い高ちゃん。)
いやー今日がフレミアムトークやったら良かったのに~。

まあ、加納久通に振り回される運命よね、藤波様は♪

大奥 <男女逆転>豪華版DVD 【初回限定生産】


そういえば、私が最初に髪を伸ばす気になったのは刑事物のエキストラ参加した時
この大奥シリーズにエキストラ参加しはった方々に「あれは一生の記念になる!」
と勧められたからでした。

続きを読む


nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

しゅ [佐々木蔵之介]

宗男さんが帰ってしまって、なんかめっちゃ寂しい空気になったところに
同窓会、そして恋!坂道で背中押されたかのよーな怒涛の展開が愛子さんにも?
いや、愛子さんは平地で腰抜かしてたか。

いやー大変なことになってしまったのね!
即日就職決めてみね子のように、すずふり亭のメニュー制覇開始ってすごい。
「恋してることが大事なので。結果じゃなくて」ふんわり、すごいこと言う。
結果を心配されてるみね子の恋とは鈴子さんの扱いが全然違うけど、大事なトコは同じ。

しかし向島電気時代の外ハネくるんな髪型でなくなったのは、ちょびっと寂しいけど
落ち着いたショートボブはGOOD♪

続きを読む


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大阪でも? [佐々木蔵之介]

https://www.richard3-stage.com/

ずっと今回は東京公演のみか~と思い込んでました(苦)
このビジュアル、布袋さんに見えてしゃーないんですが(笑)

しかしイギリス文学を読んでると、日本に近しいというか、京都に似てると思う。
面倒くさいところが特に(!)。

その面倒くささを取っ払って成功したのがビートルズかも。
名曲や名盤だらけのバンドですが、音楽を奏れるのが楽しくて仕方ない勢いが
詰まった初来日頃の作品がやっぱし好きです。解りやすい!
これまた、メンバーのテクニックも未熟やからこそ、小難しいフレーズとかのない、
コピーしやすいメロディが世界に大歓迎されて伝説的ヒットを招いたと思う。
「笑って生きていく」と決めた宗男さんが夢中になるはずやわ~。

続きを読む


nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

天の敵 [舞台]

医者の処方ミスで思いのほか長患い。
まだ咳が抜けへんけど、そんな中でも実は行ってました、大阪公演。

の前に、「バンパくん」初めて見たーーーーーーーっ!
もー五十にゃん次といい、ニクイとこ突いてくるわ館長~。

おっと、失礼しました。

http://www.geigeki.jp/performance/theater145/

風邪っぴきMAXやったけど、面白かったので見てる時は
スーッとしんどさが抜けてました。
風邪っぴきでもあの、強烈なバルサミコ酢の香りは魅惑的に五感を刺激しまくってくれましたよ、ええ。
隣の方のお腹が鳴り始めて、めっちゃ同情した。
大半が仕事終わり直後の入場者やったはずやしね~。


続きを読む


nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -